モデルコース

初めて南米旅行を企画される方の為に現地のモデルコースをご紹介いたします。

ギアナ高地・カナイマ国立公園

世界一の落差を誇るエンジェルの滝は世界自然遺産のカナイマ国立公園内にあります。
小説「ザ・ロスト・ワールド」にて、有名になったテプイと呼ばれるテーブルマウンテン等、
自然の雄大さを満喫できるコースです。
※写真はクリックすると大きなサイズのものがご覧いただけます。

日程
プラン
宿泊地
1日目

ベネズエラの首都、カラカス着。

カラカス近郊泊
2日目

空路にてプエルトオルダスへ。着後、セスナ機にてルエパへ。3,000㎢ほどのサバンナ地帯(グラン・サバナ)にあるサンタ・エレナへ向かいます。ロライマ山の麓を走りますので、ギアナ高地独特の景色を目の当たりにできます。 途中、装飾用にもなるジャスパーの一枚岩の川底となっているハスペの滝を訪れます。緑深いギアナ高地の雄大な景色をお楽しみ下さい。

サンタ・エレナ泊
3日目

ロライマ山の頂上に、へリコプターにて向かいます。
(天候によります。)
午後はふたたびグラン・サバナをドライプしながら、
途中にパチェコの滝、カマの滝を訪れて、カバナヤンへ。

カバナヤン泊
4日目

ルエパより空路にてカナイマへ。
天候が良いと機内からエンジェルフォール、
アウヤンテプイをご覧いただくことができます。
ロッジ到着後、サポの滝にて、滝の裏側を歩きます。

カナイマ泊
5日目

小型ボートにてカラオ川をさかのぼり、アウヤンテプイを眺めます。
水量の多い時期には、さらに進んで、ラトンシート島まで行き、ジャングルの中を徒歩で進み、エンジェルフォールのビューポイントまでご案内します。

カナイマ泊
6日目

カナイマラグーンをクルーズして、水量の多いアチャの滝まで行きます。マイナスイオンたっぷりの水しぶきを肌で感じていただきます。
午後、プエルトオルダスへ向かい、
その後空路にてカラカスへ

カラカス近郊

※案内1 エンジェルフォール遊覧行は天候次第ですので、カナイマ滞在中に2回目、もしくは3回目の挑戦が可能です。
※案内2 ブラジルとのコンビネーションを企画する場合はサンタ・エレナを最後にするほうが効率よく移動できます。

先頭に戻る